Chrysotila の分類見直し

Andersen, R. A., Kim, J. I., Tittley, I., & Yoon, H. S. (2014). A re-investigation of Chrysotila (Prymnesiophyceae) using material collected from the type locality. Dx.Doi.org. http://doi.org/10.2216/14-016.1

Chrysotila stipitataC. lamellosa の分類を SSU, LSU rRNA 配列と形態観察で再検討
→ C. stipitata は Coccolithales (Prymnesiophyceae) の Pleurochrysis carterae とクレードを作った。Chrysotila の名が優先するため、Pleurochrysis はシノニムとして、Chrysotila 属とする。
C. lamellosa は RAxML tree で順当に Isochrysidales に収まるが、Chrysotila の属名の基準となった C. stipitata が前述の通り Coccolithales に行ってしまったので、以前の属名を復活して Ruttnera lamellosa comb. nov. となった。

# アルケノン生産種は Emiliania huxleyi, Gephyrocapsa oceanica, Isochrysis galbana, Tisochrysis luteaRuttnera lamellosa の 5種ということで。

Post Your Thoughts