Emiliania は Gephyrocapsa に?

Bendif, E. M., Probert, I., Young, J. R., & Dassow, von, P. (2015). Morphological and Phylogenetic Characterization of New Gephyrocapsa Isolates Suggests Introgressive Hybridization in the Emiliania/Gephyrocapsa Complex (Haptophyta). Protist, 166(3), 323–336. http://doi.org/10.1016/j.protis.2015.05.003

・flow cytometric single-cell sorting technique で Gephyrocapsa muellerae の株を単離した。

– 形態と遺伝子から、G. muellerae と同定。採取地点の環境条件もこれを説明。
-読んだ遺伝子:  nuclear 18S & 28S rDNA, plastidial 16S & tuFa, mitochondrial cox1 & cox3

・cox3 と tufA でみると、 G. muellerae E. huxleyi と括られ、どちらの系統樹でも Emiliania は多系統。異なる Gephyrocapsa の系統から E. huxleyi (の形態)への収束進化が起きた、あるいは、E. huxleyi の形態種が一度進化したのちに G. muellarae との交雑があり、隠蔽種へと分かれていったのかもしれない。

#EmilianiaGephyrocapsa は遠からず一緒になるよ、という声もあったし、これでさらに納得。nuclear 28S で 1塩基違いだが、18S は同じ。28S で Gephyrocapsa といいながら Emiliania クレードに入ってくるやつらはこいつら or 未培養の別の形態属なんかだったりするのかもしれない。Noëlaerhabdaceae の培養株はまだ3種目。

#geno- と morpho- の対応は一筋縄ではいかない。chemo- も含めて、見ている/関与する遺伝子が違う。Paleo で使える要素とその信頼性を突き詰めていくためには、重要なグループの培養株の確立と各側面からの検討を重ねる必要がある。

Post Your Thoughts