Paperpile から書き出したRISファイルを他の文献管理アプリでPDF付きでインポートする方法

文献管理ツール Paperpile のライブラリを Zotero に読み込むために、

  1. Paperpile 側で RIS ファイルでライブラリを書き出す
  2. 書き出した RIS ファイルを Zotero 側でインポートする

単純にこのような作業を行ったところ、文献情報のみ読み込まれたが、文献PDF をはじめとする添付ファイルが一切読み込まれずに困った。

解決方法:
Papers forum のスレッドによると、RIS ファイル内の添付ファイルへのリンク(パス)を修正することで対応できるようだったので自分の環境に合わせて以下のような作業を行った。

Paperpile から RIS ファイルを書き出すと、RISファイル内の添付ファイルへのリンクは

L1 – All Papers/

となっている。ここを実際のデータパスに書き換える。私の環境ではPaperpile のファイルは Google Drive 以下に配置されていたので、実際の Google Drive のフォルダ構成に従い

L1 – file:///home/ユーザー名/Google Drive/Paperpile/All Papers/

となるようにテキストエディタで一括置換した。また、複数の添付ファイルがある文献には L2, L3 などにもリンクが付いているので、それらも全て同様の絶対パスに置換する必要がある。

パスを置換した RIS を改めて Zotero に読み込んだところ、文献情報の読み込みと同時にローカルの添付ファイルがすべてリンクされた状態で読み込まれた。成功。


Paperpile

Paperpile は Chrome 拡張機能としてブラウザ上で動く文献管理ツールで、オンラインからの文献の取り込み機能は Google Scholar はじめ主要なリポジトリによく対応している。Webベースのサービスなのでインターネット接続が必須だが、大量の文献を扱っても軽快。Google Documents に対応した文献リスト作成機能などクラウド上での執筆にも向く。

 

 

Post Your Thoughts